ハウスステーション
ハウスステーション
ハウスステーション

防犯には充分注意しましょう。特に女性の一人暮らしの方はね。共同生活では防災の心がけも大切です。備えあれば憂いなし、いつも心の準備を怠りなくしましょう。

ハウスステーション

鍵に名札やルーム番号などをつけるのはやめましょう。紛失したとき盗難にあうおそれがあります。又、郵便受けなどに入れておくのもやめましょう。

ハウスステーション

玄関ドアは面倒がらずにドアチェーンを掛ける習慣をつけましょう。とくに見知らぬ人の対応は必ずドアチェーンを!ベランダやトイレの窓も寝るときには施錠しましょう。

ハウスステーション

長期不在するときは必ず新聞を一時中止し、郵便物はご近所やお隣に預かってもらいましょう。もしそのままにしておくと郵便物があふれ、他人に留守を教えてしまう事になり、空巣にあうおそれがあります。

ハウスステーション

町内会や自治会に加入しましょう。 役所からの広報、回覧文書などにより地域の連絡事項や情報がわかります。

ハウスステーション

地震がおきたらまず火を消し、ガスの元栓を閉めましょう。日頃から、避難路や避難場所の確認もしておきましょう。飲料水、携帯ラジオ、懐中電灯などの準備も怠らずに。

ハウスステーション

バルコニーは火災などの非常時に避難路となりますので、間仕切り板の付近に物を置くと危険です。又、幼児のいるご家庭では転落事故予防のため踏み台となるような物を置かないようにしましょう。

ハウスステーション

ダニはアレルギー性ぜんそくやしっしんの原因の一つです。ダニは畳やカーペット、布団などに生息しますので畳の上にカーペットを敷くのはやめましょう。布団やカーペットはこまめに天日干ししましょう。

ハウスステーション

電気の節約にもなります。フィルターをはずし、掃除機で吸い取るだけでもききめが違ってきます。

ハウスステーション

ガス器具にはプロパンガス用と都市ガス用があります。また都市ガスは地域によってカロリーが違いますので必ず供給されているガスにあった器具を使ってください。ガスを使うときは空気孔の調整をし、青い炎で使用しましょう。ゴム管は、器具栓の赤いところまで十分に差し込み、ホースバンドでしっかりとめてください。

ハウスステーション

火事は最初の消火が肝心です。万一の時に備え消火器の使い方も覚えておきましょう。